2020年3月16日
(更新日2020年07月02日)
トピックス

コロナにコールアンドレスポンスの抗菌超撥水ホワイトジーンズは効くのか?


最近、こんな話を何回か質問されました。


コールアンドレスポンスとボブソンダブルネーム、抗菌超撥水:最強撥水の下げ札の写真。表側。
コールアンドレスポンスとボブソンダブルネーム、抗菌超撥水:最強撥水の下げ札の写真。裏側。




コールアンドレスポンスとボブソンダブルネーム、抗菌超撥水のホワイトジーンズの写真。




コールアンドレスポンスとボブソンダブルネーム、抗菌超撥水のホワイトジーンズの写真。袋に入れた状態。




コールアンドレスポンスとダブルネームした
抗菌と
超撥水の
ホワイトジーンズは
コロナには効くの?





ボブソンとダブルネームしたコールアンドレスポンスの店舗の写真。




ボブソンとダブルネームしたコールアンドレスポンスの店舗の写真。ボブソンの皮バッチがジーンズについており、ボブソン商品が店頭にあるのがわかる。




先に結果をお伝えしますと
抗菌&
超撥水の
ホワイトジーンズは
コロナには効きません。


ここでしっかりお話しておきたいのが


抗菌と抗ウィルスは違い
なぜなら、
菌とウィルスは
構造的な仕組みがまったく違うからです。




ですので抗菌とうたわれているものは
今回の事態の原因
コロナを抑制する効果はありません。

先日Twitterでこんなツイートをしました。





≪細菌とは≫

単細胞生物で栄養源があることにより自分と同じ細菌を自分で作って増えていきます。
身体にいい菌、ビフィズス菌や納豆菌なども耳に馴染みがありますね。



悪い菌は黄色ブドウ球菌や結核菌など。
今回のコールアンドレスポンスとのダブルネームは
この悪い菌を抑制し、清潔に保ち結果的に匂いの発生を防いだりします。


●生物である。

≪ウィルスとは≫

生物の細胞に比べて100~1000分の1と非常に小さく、


細胞を持たずに、人間の身体に入ると細胞に自分のコピーを作らせて
細胞を破裂させて増殖します。


●細胞を持たないなどの理由から物質である。







ウィルスと細菌と赤血球の図解。
AMR臨床リファレンスセンター より引用




というわけで、目に見えないのでわかりにくいのですが

細菌とウィルスというのは
構造と特性の違う、まったくの別ものということでした。


今回のコールアンドレスポンスとボブソンの
ダブルネーム

抗菌&
超撥水の
ホワイトジーンズは


コロナには効かないとはいえ、
抗菌機能を付与しており


天然繊維の綿素材を
性能を上げた商品と言えます。


天然由来で非常に強い抗菌性をもつ
グレープフルーツの皮膜からの抽出物を使い

ジーンズの菌の繁殖を抑え
生地を清潔に保ちます。


水分子とフッ素の超撥水の図解。




超撥水加工により、ちょっとした雨などにも対応でき
防汚加工により、皮脂などの油汚れも付きにくく
速乾性も付与しています。


コロナに対してファッションからいえること


手洗いうがいをするように外から帰った時
早めに洗濯してあげることも有効ではないかと
思います。

先日、ソファから感染したように物理的な感染も確認されていますので
家に帰ると部屋着に着替えたりするのも
有効と思われます。



まだまだ収束の気配が見えない
コロナ事情ですが、
みなさん
気を付けてまいりましょう。


≪参考サイト≫


厚生労働省委託事業


AMR臨床リファレンスセンター

http://amr.ncgm.go.jp/general/1-1-2.html




<血液学を学ぶ>

https://www.med.kindai.ac.jp/transfusion/ketsuekigakuwomanabou-252.pdf


<メディカルノート>

https://medicalnote.jp/contents/180508-002-CK





≪人気の記事≫


↓↓↓↓