bobson

2019年11月18日
トピックス

【岡山デニムと他のデニムの違いを職人が一言で解説する】


岡山デニムは何が違う?


ボブソン技術担当の西山です。

一般のかたとお話しするときに、よくこの質問がでます。

「岡山デニムと普通のデニムの違いは?」


通常であれば一言で高品質です。ハイブランドにも使われてます。ってニュースで言われたりして終わりで実際なにが違うの?ってなりますよね。


高品質であることはなんとなくのみなさん周知されている事実ですが、岡山以外にも世界中にデニムはあるので、岡山デニムの凄さを

少し視点を変えて言わせてもらうと


『世界でも【最高純度にアップデート】された有数のデニム産業の集積地』であることが最大の凄さだと思います。



アップデートというのがすごく重要です。

確かに岡山デニムは高品質です。


糸の品質も高く肌触りも良く、長持ちします。

高品質なデニムが何千種類も集積しているのでそれだけでも

凄いことですが


世界中から集まる情報を揉み込み、新たな技術と人材育成を各社が挑戦し続けていることが最大の凄さではないかと思います。

すなわちアップデートし続けることで

情報や製品の純度が非常に高まっている地域だと

私は思います。



携帯業界に例えると


携帯で例えると分かりやすい。

定期的にスマホはアップデートしている。



時代の情報や流行り、バグなどの需要にあわせて常に情報を集積しています。

スマートフォンそのものは、全世界にありますが

我々は日本にいて、常に新商品、新しいiOSにアップデートできています。

他の国だとどうでしょう。


先進国であるならそうですが例えば遊牧や農耕が主とする

発展途上国では当然情報は遅れてきます。



デニム関して言うなら新技術開発やトレンドにおいては岡山はかなり先進的であり都心部のほうが遅れていることもあるのです。

繊維も時代に合わせて形態は変わります。

日本の携帯会社がガラケー新商品として発売したらマズいですよね。

スマホ業界も常に競い合い、技術革新している。


同じことが繊維業界の岡山という地域で行われているのです。

それが世界中からアパレル関係者やジーンズファンが岡山に足を運ばせる最大の要因だと思います。


デニムが高品質なことを歴史から紐解く


出典:一般社団法人 農業農村整備情報総合センターホームページ『水土 の礎』


デニム生地が高品質なことを歴史から紐解くと

岡山という地域では

江戸時代、埋め立てられた土壌に含まれる塩分に悩まされ、塩害に強い綿花を栽培したことがはじまりで


付加価値をつけるべく糸にし、足袋をつくり、真田紐をつくりそれらの土台から昭和に入り学生服、そしてジーンズと発展を遂げたわけです。


古くから江戸時代からの地域的な流れも組み

細かくあげれば何百もの繊維に関わる会社が網羅します。

ボタンを打つだけの特殊屋さんという仕事が何十年も続けて成り立つのも、この地域ならではではないでしょうか。


各社ごとに強みも違う



その歴史からの流れもあり会社ごとに強みは違いますし、各社が

常に高純度な情報、人材やモノと技術を追い求めています。

生地だけで言えば生地屋さんだけではなく繊維に関わる全ての会社が生地を扱います。



OEM会社(メーカーから依頼を受けた受諾製造会社)や縫製会社、加工工場など会社が網羅していて

ここに世界中の情報が日々、情報を網羅しているのです。


・何が売れたのか

・何が流行っているのか

・何がイケてるのか


これを常日頃、各会社が追い求めています。

ここで連携している生地屋さんを何件かあげるなら


●ウールデニムで世界的なテキスタイル展示会で表彰されたSHOWAさん

株式会社ショーワ|SHOWA Co.,Ltd.

http://www.showatex.co.jp/


●100年以上の歴史がある

篠原テキスタイルさん

https://www.shinotex.jp/

篠原テキスタイル株式会社 | 広島県福山市 デニム生地製造


生地だけでも上記のような、歴史ある会社がひしめいています。


連携する会社すべてに言えるのですが、常に努力し続けているため感度が高い。


このようにボブソンが連携する協力会社は100件以上に及びます。

その会社、その会社の強みも違うので

その特性を把握し高純度な特性をさらに揉み込み

コンセプトに合わせて服をつくるのです。


いいデニムとは


デニムと言っても様々で、薄手のものから厚手のもの。糸の太さから、打ち込み(密度)が緩いもの、ぎっしり詰まっているものと多数あり、

時代やコンセプトによってデニムの形態もかわります。

例えば、細身のジーンズにストレッチが全くはいってなければ正座なんかするとき足が痺れてしまいますし、ストレッチが入っていればいいのかというと、よく伸びるが粗悪でお粗末なストレッチは伸びると伸びっぱなしで半年も使えばヒザがのびてカッコ悪いです。


何をもって高品質と言えるのか。


ジーンズに長年携わるものとして言うと、経年変化してもカッコいい、人生に寄り添って楽しめるものであるというのが絶対条件なのではないでしょうか。



かつてジーンズの概念は「一着買ったら一生もの」

はじめて日本で作られた最初のモデルのジーンズをもたれているかたが言った言葉です。


アメリカのゴールドラッシュ時代。

炭鉱で働く人たちから丈夫さを望まれ生まれたジーンズはずっと履き続けることができました。



ボブソンが今回、作ったプレミアムジーンズ

50年時代を見てきたボブソンは

その岡山デニムの随とも言える技術を用いて作っています。


シルキーなタッチ、適度なストレッチ、ストレッチも伸びにくく、生地のトロみ、厚み、糸のムラ感、高級感、ツヤ感、、、すべてにこだわり抜きました。


そして、なんと言っても


経年変化も楽しめる。流行に左右されない。時代と共に歩んでいける。これを着てたらずっとカッコいい、なんでも合わせやすい。

究極ともいえるバランスで作りました。

是非、オンラインショップのサイトもご覧ください。


↓↓↓

http://www.bobson.jp/fs/bobson/jeans/BET-01

2019年8月30日
トピックス

【Tリーグ 森薗選手、勝利!】

8/29から開幕したTリーグのオープニングゲームを

弊社所属の森薗政崇選手が張本智和選手を破り勝利を収めました。

記事になっています。

是非ご覧ください。

https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2019/08/005728.html
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12279-387561/
2019年8月2日
トピックス

【森薗政崇選手、ご紹介】

6月からボブソンの所属になったプロ卓球選手の

「森薗政崇」選手。

優秀な成績で非常にファンも多い選手です。

経歴やどのような成績をおさめているのか下記にてご紹介したいと思います。

是非、応援ください。

<経歴>

小学校までは自身の親が経営する美鷹クラブに所属。その後、青森山田中学校・青森山田高等学校、明治大学を卒業。岡山リベッツ、ボブソン所属。マネージメントはFPC。

2013年に、全日本ジュニアの部男子シングルスで優勝。

2014年の全日本選手権男子ダブルスでは同じ青森山田高校の後輩である三部航平とペアを組み、決勝で水谷隼・岸川聖也ペアと対戦し勝利。史上2組目となる高校生ペアでの優勝を果たす[2]。 翌年の2015年にも同じく三部航平とペアを組み出場し、決勝は2年連続同じ顔合わせとなった水谷隼・岸川聖也ペアと対戦し勝利。2連覇を達成した[3]。

2015年7月6〜13日、韓国の光州で行われた第28回ユニバーシアード夏季大会男子シングルスで優勝しユニバーシアード卓球競技シングルス種目における日本勢初の金メダルを獲得した。

ポルトガルのリスボンで行われたITTFワールドツアーグランドファイナルの男子ダブルスでは大島祐哉とペアを組み、1996年第1回大会以来初となる日本ペアのグランドファイナル男子ダブルス優勝[4]。

2017年現在2期ぶりにドイツのブンデスリーグでプレーしており前半は結果が振るわなかったが後半は10連勝を上げるなどリーグトップの成績を残した。[5][6]。8月2017年夏季ユニバーシアードでシングルスで前回大会に続き2連覇を達成、大島と組んだダブルスでも優勝、団体準優勝と活躍した。10月の全日本学生総合選手権では、シングルスにおいて前年の世界ジュニア代表の松山祐季、同年の世界選手権代表の田添健汰、全日本選手権2位の吉村和弘を破り2年ぶり3度目の優勝を果たした。

2019年3月、2019年の世界選手権ブダペスト大会の日本代表最終選考会で優勝し初のシングルスの代表権を獲得した。シングルスでは3回戦で敗れ、ダブルスでは森薗政崇とのペアで2回戦、混合ダブルスでは伊藤美誠とのペアで準々決勝敗退した。

•             2003年

o            全日本卓球選手権大会(バンビ男子)5位

•             2004年

o            全日本卓球選手権大会(バンビ男子)3位

•             2005年

o            全日本卓球選手権(カブの部)優勝、(ホープス・カブ・バンビの部)ベスト16、(カデットの部)ベスト16

o            東アジアグランプリホープス大会 : 日本男子Aチーム4位

•             2006年

o            全日本選手権(ホープスの部)3位

•             2007年

o            全日本カデット 優勝

o            全日本ホープス 優勝

o            ワールドジュニアサーキット 団体・カデット 準優勝

o            日中交歓卓球大会ダブルス : ベスト8

o            東アジアグランプリホープス :準優勝(日本男子Aチーム)

•             2008年

o            全国中学選抜大会 : 男子団体優勝

o            ハンガリージュニアオープン : ジュニア男子団体優勝

o            平成19年度全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) : 男子シングルスベスト8

o            全日本卓球選手権大会(カデットの部) : ダブルス準優勝

o            全国中学校大会 : 団体優勝/シングルスベスト8

•             2009年

o            全日本卓球選手権大会(カデットの部) : ダブルス優勝/シングルスベスト8

o            全国中学校大会 : 団体優勝/シングルス準優勝

o            オーストラリアジュニアオープン : カデットシングルス優勝/ジュニアシングルス3位/ジュニアダブルス3位/ジュニア団体3位

•             2010年

o            平成21年度全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) : 男子シングルスベスト8

•             2011年

o            平成22年度全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) : 男子シングルスベスト8

•             2012年

o            平成23年度全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) : 男子シングルスベスト8

•             2013年

o            ITTFグローバルジュニアサーキットファイナル : ジュニア男子シングルス優勝

o            平成24年度全日本卓球選手権大会 (ジュニアの部) : 男子シングルス優勝

o            全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 : 男子シングルス優勝

•             2014年

o            平成25年度全日本卓球選手権大会 : 男子ダブルス(三部航平)優勝

o            ITTFワールドツアー チェコオープン男子ダブルス(大島祐哉)優勝

•             2015年

o            平成26年度全日本卓球選手権大会 : 男子ダブルス優勝

o            第28回ユニバーシアード光州(韓国)大会 : 男子シングルス優勝/男子ダブルス準優勝/男子団体準優勝

o            ITTFワールドツアー クロアチアオープンダブルス(大島祐哉)優勝

o            ITTFワールドツアー・グランドファイナル:男子ダブルス優勝

•             2016年

o            ITTFワールドツアー ポーランドオープン男子ダブルス(大島祐哉)優勝

o            ITTFワールドツアー ドイツオープン男子ダブルス(大島祐哉)優勝

o            ITTFワールドツアー グランドファイナル男子ダブルス(大島祐哉)準優勝

2017ITTFワールドツアードイツオープンの森薗政崇

•             2017年

o            ITTFワールドツアー インドオープン男子ダブルス(大島祐哉)優勝

o            ITTFワールドツアー カタールオープン男子ダブルス(大島祐哉)優勝

o            アジア選手権 混合ダブルス(伊藤美誠)準優勝

o            世界選手権デュッセルドルフ大会 男子ダブルス(大島祐哉) 準優勝

o            第29回ユニバーシアード台北(台湾)大会 : 男子シングルス優勝/男子ダブルス優勝/男子団体準優勝

o            ITTFワールドツアー グランドファイナル男子ダブルス(大島祐哉)優勝

•             2018年

o            平成29年度全日本卓球選手権大会 : 混合ダブルス(伊藤美誠)優勝

o            ITTFチャレンジシリーズタイオープンシングルス : 準優勝

o            ITTFワールドツアー 中国オープン混合ダブルス(伊藤美誠)準優勝

•             2019年

o            平成30年度全日本卓球選手権大会 : 混合ダブルス(伊藤美誠)優勝

o            2019年の世界選手権ブダペスト大会の日本代表最終選考会 : 優勝

森薗選手の対戦動画もごらんください。

非常に高いレベルのプレイをします。

2019年7月26日
トピックス

【プロ卓球選手、森薗政崇さん来社】

6月よりボブソンと森薗選手が所属契約を結びました。

その流れであいさつに来社されました。

森薗選手のこれからの活躍が楽しみです!

是非Twitterなどの情報も注目くださいね。

森薗選手Twitter

2019年6月21日
トピックス

【ECサイト向け企画進行】


新しい企画でECサイト向けに
商品展開を進行しております。

サンプルいい仕上がりです。
楽しみにしていてください。

2019年5月31日
トピックス

【ボブソンシューズ展示会】

ボブソンメンズスニーカーの

ライセンシー 岸原工業様が

神戸国際展示場の日本シューズ産業見本市に出展されました。

ボブソンのスニーカーは非常に好調!

人気なパッチワークサンダルを

ご紹介します。

https://item.rakuten.co.jp/varks/s70135/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

冬の売り場もたくさんの新商品が発売されます。

楽しみにしていてください。

2019年2月22日
トピックス

【Tリーグ・岡山リベッツ首位浮上】

プロ卓球、岡山チーム「岡山リベッツ」が

琉球アスティーダを下し現在首位で決勝進出が
決まりました。
岡山リベッツはボブソンもスポンサーになっております。

プロ卓球 「T LEAGE : T リーグ」
非常に盛り上がっています。
みなさんで応援しましょう!

記事を是非チェックください。

2019年1月19日
トピックス

【岡本商店様展示会】

九州の久留米絣でコラボレーションしている岡本商店様の展示会が行われました。

日本の文化を今のトレンドと融合させた
ファッションショーもあり
非常に盛況でした。

ボブソンとほコラボで久留米絣のアロハシャツを作っております。
市場に出るのを楽しみにしていてください。

2019年1月11日
トピックス

【2019年スタート】

2019年はじまりました。

ボブソンは
1969年12月15日に出願し
本年の冬に50周年を迎えます。

日本ジーンズの歴史や長年アパレルに寄り添った
ボブソンならではの企画を
本年も打ち出ししていきますので
よろしくお願いいたします。